介護保険法と地域包括支援センター

介護保険法が2006年に改正されましたが、この時に地域包括支援センターなるものが新しく創設されました。
1年を過ぎた現在では、まだあまり耳慣れないこの地域包括支援センターですが、いったいどのようなことをするとこなのでしょう?。
”包括”という言葉から想像するに、介護保険法に関する広範な業務をやっている「よろずや」みたいなものでしょうか?。


最近、回覧板とともにやってくる社会福祉協議会の広報の中に地域包括支援センターなる文字がよく見られます。
が、何をやっているのか?については詳しくは書いてありません。
どうやら介護に関する相談窓口で、専門家が相談にのってくれて介護保険を使った適切な介護サービスを紹介してくれたりするところのようだというところまではわかります。
あれ?それだったら以前からある在宅介護支援センターと同じでは?と思ってしまいます。


続きを読む

介護保険で利用する介護タクシー

介護保険で介護タクシーを利用できることは知られています。
が、どこのタクシーでも利用できるわけではありません。
障害者手帳があれば、割引がその場で受けられる制度が以前からありますけど、介護タクシーはそういったものとは別の制度なのです。


そもそも、介護保険を利用するのであれば、介護保険指定業者番号を取得している介護タクシー業者でなければなりません。
利用する前に、介護保険指定業者であるかどうかの確認をしましょう。
介護タクシーという名称は介護保険指定業者でなくても一般名称として使われているので間違いやすいですね。
ご自分でタクシー事業者に確認したり、複数の業者から選択することができない時は、ケアマネージャに依頼すると良いです。

次に、介護タクシーの車両にはいろいろあって車種や装備が異なります。
続きを読む

介護保険はすべての施設で適用できる?

介護保険を使えば、利用するサービスの利用者負担を減らすことができますが、さて、どこの施設でも適用されるわけではないらしい。
考えてみれば、国民健康保険の適用外の治療があるように、介護保険にも適用外があるわけです。
基本的な考え方として、必要最小限の介護と認められる部分には介護保険が適用されるであろうということは想像に難くないし、実際にそのとおりです。


介護保険施設とカテゴライズされる施設があります。
これは介護保険によるサービスが受けられる施設ということで都道府県知事の指定を受けたものです。
・介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設の3種類がこの介護保険施設にあたります。
このあたりの領域にとても疎い人から見ると、どれも同じようなイメージですよね(笑)。
どれもいわゆる老人ホームと思っちゃう(^^ゞ。


続きを読む

介護保険における特定疾病とは

介護保険制度において特定疾病というものがあるのを知りました。
医療保険じゃあるまいし何のために特定があるのでしょうか?っていう感じですが、どうやらこういうことのようです。


介護保険の被保険者は40歳〜64歳、65歳以上で分けてあり、それぞれ2号被保険者、1号被保険者と呼ばれます。
前者は被保険者&保険料を払い込むグループ、後者は保険金の給付を受ける権利のあるグループ。
なぜこの年齢なのか?は、安定運用のための試算と要介護になる可能性の統計的データに因るものと想像します。


じゃあ40代で万が一要介護になったらどうなるのでしょう?。
最近は、若年性痴呆などといって結構巷でも耳にしますし、若者より中年のほうが罹りやすい疾病もあります。
若くして脳卒中を起こす人もいますし。
続きを読む

介護保険で福祉用具を買えます(1部負担)

介護保険は排泄介助とか入浴介助といったいわゆる身体介護だけに適用されると思いがちですが(って私だけ?)、車椅子とか介護用ベッドなど福祉用具や介護予防の福祉用具の購入にも使えるらしい。
いったん全額を利用者が負担して購入して、その後で申請すると介護保険による給付金として戻ってくるという流れ。
でも、どんな商品でもOKなはずはなく、そこはちゃんと決まっているそうな。


では、介護保険の適用対象となる福祉用具であることは、どこでわかるのでしょうか?。
何か特定できるシールでも貼ってあるのでしょうか?。


もののパンフレット(←こういう場合は書籍でないことが多い^^;)
によると、購入先が福祉用具販売の指定を受けている事業者でなければ介護保険の適用がなされず、また、福祉用具にもある一定の条件があるらしく、シロウトでは正確な判断が心もとないです。
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。