介護保険法と地域包括支援センター

介護保険法が2006年に改正されましたが、この時に地域包括支援センターなるものが新しく創設されました。
1年を過ぎた現在では、まだあまり耳慣れないこの地域包括支援センターですが、いったいどのようなことをするとこなのでしょう?。
”包括”という言葉から想像するに、介護保険法に関する広範な業務をやっている「よろずや」みたいなものでしょうか?。


最近、回覧板とともにやってくる社会福祉協議会の広報の中に地域包括支援センターなる文字がよく見られます。
が、何をやっているのか?については詳しくは書いてありません。
どうやら介護に関する相談窓口で、専門家が相談にのってくれて介護保険を使った適切な介護サービスを紹介してくれたりするところのようだというところまではわかります。
あれ?それだったら以前からある在宅介護支援センターと同じでは?と思ってしまいます。


続きを読む

介護保険はすべての施設で適用できる?

介護保険を使えば、利用するサービスの利用者負担を減らすことができますが、さて、どこの施設でも適用されるわけではないらしい。
考えてみれば、国民健康保険の適用外の治療があるように、介護保険にも適用外があるわけです。
基本的な考え方として、必要最小限の介護と認められる部分には介護保険が適用されるであろうということは想像に難くないし、実際にそのとおりです。


介護保険施設とカテゴライズされる施設があります。
これは介護保険によるサービスが受けられる施設ということで都道府県知事の指定を受けたものです。
・介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設の3種類がこの介護保険施設にあたります。
このあたりの領域にとても疎い人から見ると、どれも同じようなイメージですよね(笑)。
どれもいわゆる老人ホームと思っちゃう(^^ゞ。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。